ヒマラヤカラコラム トラベル ブータン

一日目 - パロからティンプー

パロに到着するとガイドが出迎え、ティンプーまで1時間の道をドライブします。途中でタチョガンラカンを訪ねます。タチョガンとは「最高馬を祀る丘の上の寺」という意味で、最も高名な建築家タントン・ギャルポが建てました。ティンプーには未だに信号はありませんが、見どころ満載の素晴らしい街です。

ホテルで昼食後、タシチョゾンを訪問します。この壮大なゾン(仏教僧院)はウォン・チュ川の西のほとりで市の北側に位置し、かつて国会議事堂があったところで、現在はブータン国王の謁見室と省庁があります。

メモリアルチョルテンは1974年に第3代国王ジクメ・ワンチュックを崇めるために建てられた仏舎利塔です。

次はクエンセル・ポダンのブッダポイント。51メートルの銅像の大仏(バシュ王座)は不滅の象徴で、大仏のそばからティンプー谷の雄大な眺めを堪能します。

二日目 ― ティンプー

まず、国立ゾーリン・チュスム(ブータンの伝統美術13選)を訪ねます。今は美術学校として広く知られているところです。

1978年に創設された国立伝統治療院は、介護施設と病院を兼ね備え、伝統的な医療技術による診断と処方を行っています。伝統的に使われてきた薬草や塗り薬、そして薬湯は自然の動植物とミネラルを含み、生産機関で製造された後に国内の地域医療機関へ送られています。

王立織物学院ではブータンの主要産業である織物を体験します。男女それぞれの民族衣装と織物技術が展示されています。

国立図書館は歴史的な資料や書物から様々な分野に関する現代書物、古い雑誌や木版印刷本と祈とう旗を蔵し、『ブータン』という名の世界最大の印刷本も見ることができます。

チャンガンカ・ラカンは12世紀に建てられ、ティンプー市の北のモティハンにあります。中央には十一面観音が安置されています。その後はティンプー市内を散策し、買い物や地元の人との交流を楽しみます。

三日目 ― パロ

この日は早く出発し、「トラの巣」として知られるタクツァン僧院を訪ねます。ブータンで最も有名で崇敬されているところで、パロ谷の900メートル上の岩肌にあります。

タクツァン僧院の後はデュゲ・ゾンを訪ねます。ここは1644年にブータンがチベットに勝利したことを祝い『勝利』という意味で名づけられ、1649年にシャブドゥン・ンガワン・ナムゲルによって建てられました。

プナカへ戻り、ブータンで最も有名なゾンであるパロ・ゾン(リンチェン・プンとかリンブン・ゾンともいう。宝石の山の城という意味)を訪ねます。タ・ゾンはパロ・ゾンの監視塔として建てられましたが、1968年に改築され、国立博物館になっています。[/elitetoggle][/eliteaccordion]

四日目 ― パロ

パロを出発し帰路へ