ヒマラヤカラコラム トラベル ブータン

この旅ではブータンの宗教・文化・伝統・そして希少な自然を間近に見て体験します。ブータンの宗教の都や、絶滅危惧種であるオグロヅルが生息する美しい谷を訪ねます。他にも、西ブータンの特に素晴らしい場所を訪ね、標高3240mのドチュラ峠からはヒマラヤ山脈の雄大な景色を堪能しブータンの人々と交流することができます。

一日目 - パロからティンプー

パロに到着するとガイドが出迎え、ティンプーまで1時間の道をドライブします。途中でタチョガンラカンを訪ねます。タチョガンとは「最高馬を祀る丘の上の寺」という意味で、最も高名な建築家タントン・ギャルポが建てました。ティンプーには未だに信号はありませんが、見どころ満載の素晴らしい街です。ホテルで昼食後、タシチョゾンを訪問します。この壮大なゾン(仏教僧院)はウォン・チュ川の西のほとりで市の北側に位置し、かつて国会議事堂があったところで、現在はブータン国王の謁見室と省庁があります。メモリアルチョルテンは1974年に第3代国王ジクメ・ワンチュックを崇めるために建てられた仏舎利塔です。次はクエンセル・ポダンのブッダポイント。51メートルの銅像の大仏(バシュ王座)は不滅の象徴で、大仏のそばからティンプー谷の雄大な眺めを堪能します。

二日目 ― ティンプー

まず、国立ゾーリン・チュスム(ブータンの伝統美術13選)を訪ねます。今は美術学校として広く知られているところです。1978年に創設された国立伝統治療院は、介護施設と病院を兼ね備え、伝統的な医療技術による診断と処方を行っています。伝統的に使われてきた薬草や塗り薬、そして薬湯は自然の動植物とミネラルを含み、生産機関で製造された後に国内の地域医療機関へ送られています。王立織物学院ではブータンの主要産業である織物を体験します。男女それぞれの民族衣装と織物技術が展示されています。国立図書館は歴史的な資料や書物から様々な分野に関する現代書物、古い雑誌や木版印刷本と祈とう旗を蔵し、『ブータン』という名の世界最大の印刷本も見ることができます。チャンガンカ・ラカンは12世紀に建てられ、ティンプー市の北のモティハンにあります。中央には十一面観音が安置されています。その後はティンプー市内を散策し、買い物や地元の人との交流を楽しみます。夜は民族博物館で伝統料理に舌鼓。博物館は伝統的な農家を再現しており、ブータンの多くの人が今でも田舎で昔のままの生活をしているのがわかります。

三日目 ―  ティンプーからプナカへ

ティンプーからドチュラ峠を越えてプナカまで行きます。途中、アシ・ドルジ・ウォンモ・ワンチュクという現在の女王陛下が建てたドゥルック・ウォンゲル・チョルテン(108基の仏塔)を訪ねます。これはアッサム兵士の勝利を祝い戦死者の御霊を弔うために建てられました。峠からは雪に覆われたヒマラヤ山脈の荘厳な景色をお楽しみいただけます。プナカに到着後、チミラカンを訪ねます。プーナツァン川を見下ろせる丘の上にあるチミラカンは1499年にラマ・デュッパ・キンレイ(風変りな聖人)の従弟によって建てられました。彼は知恵の雷電という不思議な力を持ち、近くのドチュラの悪魔を制圧しました。ラマの雷電の木像がラカンの中に納められており、子宝や子供の安全を祈る人々で賑わいます。ティンプー・ゾンに遷都されるまではプナカ・ゾンが政治の中心で、プンタン・テジュン・ポダン・ゾン(大いなる至福の宮殿)と呼ばれていました。今でも冬には僧侶がここに移住します。ここには18世紀中ごろに作られた金の仏陀像、グル・リンポチェ像、シャブドゥン像のほか、ゾンの中のウツェラカンには、ブータンの国宝中の国宝であるランジュン・カルサパニ(観音菩薩像)が安置されています。

四日目 ― プナカからトンサへ

トンサへの車での移動の途中、カムスン・イレ・ナムゲル・チョルテンを訪ねます。これは第三皇后アジ・ツェリン・ヤンドン・ワンチュクが建てた高さ30mの仏塔で、川の反対側の丘に建っています。現在の王に捧げられ、国を守る守護神として崇められています。トンサへの途中にペレ・ラ峠を過ぎてから、チェンデビ・チョルテンというカトマンズ式仏塔に立ち寄ります。トンサに到着後はトンサ・ゾンというマンデ・チュ川沿いの渓谷にある難攻不落の要塞を訪ねます。正式名はチョコル・ラプテンツェ・ゾン。王室ゆかりのゾンで、最初と次の王はこのトンサ・ゾンから政治指揮をとりました。皇子はトンサ・ペンロブという役職についてから王位に就くというしきたりが今も残っています。

五日目 - トンサからブムタンへ

車で標高3425mのヨトン・ラ峠を通りブムタン谷へ行き、午後にはジャカル・ゾンを訪ねます。これは街並みを見下ろすことができる高台にシャブドゥン・ンガワン・ナムゲルの祖父であるンガギ・ワンチュックが1549年に建立しました。その後はスイス発展プロジェクトで建てられたチーズとビールのファクトリーを訪ね、街を散策します。

六日目 - ブムタン

以下の観光地を車で移動するかゆっくり徒歩で移動するか選択してください。タムシン・ゴンパはチベット仏教の一つであるニンマ派の中で最も重要な寺院で、パマ・リンパによって1501年に建てられました。クジェ・ラカンはブータンで最大で最も神聖な僧院と言われています。1652年にグル・リンポチェによって。ジャンパ・ラカンは659年にチベット王ソンツェン・ガンポが仏教の布教を阻止しようとする一派を制圧するために建てました。ジャンパ・ラカン・ドゥップ祭りはブータン最大の最も華やかなお祭りで、10月に行われます。

七日目 - ブムタンからポブジカへ

標高2900mのポプジカまで車で移動します。ブラックマウンテンの西側でジグメ・シンジ・ワンチュク国立公園との境に位置するポブジカ谷は絶滅危惧にあるオグロヅル(Grus Nigricollis)が越冬するために飛来することでも有名です。ブータンには毎年冬になると500羽ものオグロヅルがチベット高原からやってきます。ガンテ・ゴンパを訪ねます。ガンテ・ゴンパは丘の上にあり、ポブジカ谷を見下ろすことができます。1613年にペマ・ティンレイによって建てられました。

八日目 - ポムジカからパロへ

シムトカ・ゾンに立ち寄ってからパロへ車で移動します。シムトカ・ゾンは1629年にシャブドゥン・ンガワン・ナムギャル初めて建立したゾンで、そのままの形で現存する最古のゾンです。現在は語学文化の学校を有しています。

九日目 - パロ

この日は早く出発し、「トラの巣」として知られるタクツァン僧院を訪ねます。ブータンで最も有名で崇敬されているところで、パロ谷の900m上の岩肌にあります。タクツァン僧院の後はデュゲ・ゾンを訪ねます。ここは1644年にブータンがチベットに勝利したことを祝い『勝利』という意味で名づけられ、1649年にシャブドゥン・ンガワン・ナムゲルによって建てられました。さらに、キチュ・ラカンを訪ねます。7世紀にチベットのソンテェン・ガンポ王によって建てられた最古でありながら最も美しい僧院の一つです。

十日目 - パロ

パロへ戻り、ブータンで最も有名なゾンであるパロ・ゾン(リンチェン・プンとかリンブン・ゾンともいう。宝石の山の城という意味)を訪ねます。
タ・ゾンはパロ・ゾンの監視塔として建てられましたが、1968年に改築され、国立博物館になっています。午後は街の散策や買い物等をお楽しみください。 [/elitetoggle][/eliteaccordion]

十一日目 - パロ

パロを出発し、帰路へ。